無料ブログ作成サービス JUGEM
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| スポンサードリンク | - | - | - |
←prev entry Top next entry→
着物ウォーク行ってきました!
皆さんこんばんは毎日バタバタのあきねぇです
というのもこの時期は仕事も忙しいですし、青年会事業も目白押し、
また組合の後継者育成事業も始まり、例年の如く秋はあっという間に
走り過ぎ、いつも気付けば年末ですこれでは恋する暇もありませんな

さてそんな中、色々な事業報告を順番にアップしていきたいと思います
まずは10月16日に開催された着物ウォークについて

先日下見について書きましたが、今回は伏見稲荷大社と伏見界隈散策ということで
事前に稲荷大社について勉強しました
寺社仏閣との違いや、神道についても教えて頂き、普段当たり前のように行われている
ことが実は神事からきているのだと知り、無宗教と言われる日本人に根付いた信仰心の
深さに改めて驚きました
ところで皆さん伏見稲荷大社に重要文化財のお茶室があるのをご存知ですか
私は初めて知りましたが、今回知人を介して見学させて頂けることとなり、今年
新しくなった社務所と併せて拝見させて頂きました
まず恒例の集合写真を撮り、本殿にお参りをしてから社務所を案内して頂きましたが、
年に2回だけ使われる流麗用の茶室や貴賓室、奥の書院には立派な襖絵もあり、
東山三六峰を借景にした庭園、御所の迎賓館にも似た、贅沢な空間が広がっていました
その後珍しいつくりの茶室にご案内していただき、一瞬でしたが、静寂に包まれました
伏見稲荷集合(集合写真をパチリ)
伏見稲荷社務所庭(山々を借景にした庭園)
伏見稲荷社務所部屋(書院の襖絵)
伏見稲荷社務所椅子(西陣織の椅子に座るデビル野田君・まじめにせんかいっ
伏見稲荷茶室(お茶室でしばし静寂の中に身を投じる)

一通りご案内いただき、この後は自由散策ということでしたので、皆さんそれぞれに
楽しまれていたようです
伏見稲荷と言えば鳥居ですが、それを少し行くと「重軽石」と言うのがあり、願いを頭に
浮かべ、その石を持った時、軽いと感じると願いが叶うとか
さてさて皆さんの結果はどうだったのでしょう
伏見稲荷千本鳥居(着物が似合う場所ですね
伏見稲荷重軽石(この方の願いは残念ながら叶いそうにありませんでした
そして伏見稲荷と言えばやっぱりこれでしょう
伏見稲荷うずら(すずめは11月解禁だそうで、うずらをいただくことに
かえるに似た感じで、普通に美味しかったです
そして伏見稲荷から黄桜酒造さんの記念館へ移動し、自由散策
黄桜記念館集合(先ほどの集合写真から1人増えてますが、誰でしょう
各自思い思いに過ごされたようでした
そして時間となり、協議会でもお世話になっている大庭事務総長が、
しっかり「キモノ文化祭」の宣伝をされておりましたPR(さすが事務総長、しっかりお仕事されてます)
そして一行は京阪に乗り、出町柳まで
最後は担当委員長の松村氏がご挨拶をされ無事解散となりました
松村氏挨拶(最後のご挨拶をされる松村氏)
結びに、ご参加いただいた皆さん、暑い中、本当にお疲れ様でした
またお世話になりました皆様に心よりお礼を申し上げますm(__)m
| monsei | 西陣連合青年会 | comments(1) | trackbacks(0) |
スポンサーサイト
| スポンサードリンク | - | - | - |
Comment
2017/01/15 6:25 PM posted by: -
管理者の承認待ちコメントです。
name:
email:
url:
comments:
Trackback
http://nisijinmonsei.jugem.jp/trackback/310